ビジネスにおいて服装には礼儀があります

Uncategorized

仕事のための礼儀を考えたときに、営業をする上で気をつけたいことのひとつに、服装の礼儀があります。建設作業員のような衣類が汚れるのが当然の職業であれば、それほど気を遣う必要ないでしょう。しかし、店員や取引先との交渉が多い営業マンともなれば別です。服装によってどのような性格の人間なのか窺い知ることができます。雑然とだらしがない服装をしていればそれだけでお客が離れていき、契約を拒否されてしまうことすらあり得るのです。

基本的なビジネスの服装の礼儀として、派手な服の着用は慎むべきでしょう。派手な服装は当然ながら目立ちます。

しかし、自己主張の強い人間だと思われ周囲の人間から付き合いを遠慮される傾向があります。また、仕事よりも服装のほうが大事だと思い込みされ、やる気がないものとみなされます。加えて避けておきたいのがブランド物の服です。ブランドは自分が裕福な人間であることの裏付けになります。上から下に人を見る人間だと思われ面倒がられます。無難に、一般受けする普通の服装を選択することが大切です。

忘れがちな服装マナーとしてニオイがあります。タバコ、汗、香水、食べ物など、これらについては服にニオイとして沁みつきます。このニオイは本人以外の人にとって甚だ迷惑な行為となります。香水アレルギーを患う方にとっては気分を害することさえあります。それでもタバコを吸いたければ着替えるべきです。仕事中の香水の利用は極力控えるようにしましょう。

汗はハンカチ等でこまめに拭うようにして、食べ物はなるべくニオイの残らない献立を選ぶことが重要です。

職場によっては、服装に制限は無いと明言していることがあります。服装に決まりはないからといって何を着ても大丈夫というわけではありません。最低限度のルールというものがあります。自宅にいる時のTシャツにジャージの組み合わせのような軽装といったものはもっての外です。お客様のみでなく、誰もが見ても違和感のない、落ち着きある服装を選択する必要があるのです。

Written by yhXBeSw1