時差について

Uncategorized

海外旅行にする際に、時差ボケは大きな問題になることでしょう。
特にニューヨークやヨーロッパはフライト時間が15時間前後もあり、夕方に出発する便に乗ると、機内で長時間寝てしまいがちです。夕食時に飛行機が到着しますので、機内で沢山寝たのにも関わらず、また夜となり、時差ボケになりやすいです。

この時差ボケを防ぐ方法があります。それは中継国を設けて、そこで一休みし、再度フライトして早朝に目的国に到着する方法です。この場合、時差が長さを分割できますし、機内で寝すぎることもなく、適度に起きているので時差ボケになりにくいです。
また、朝に到着するので寝不足気味にはなりますが、日光を浴びることで時差ボケが解消されます。さらに、夜に着く便では治安の問題も心配されますし、ホテルの確保も難しくなり、宿泊料もかかるので良い選択肢とは言えません。だから、格安航空券には多いパターンですが気をつけましょう。

中継地を設けるパターンでは、夜に出発し、中継国に朝につき、そこで長時間待つようにしましょう。そして、再び夜のフライトに乗り、朝に着くようにします。
このパターンでは時間が沢山かかるというデメリットがありますが、早朝に着くので、治安も良く、ホテルの確保も容易で、一泊分の宿泊料を節約できるのでとてもお得です。

上手くいけば、中継国に滞在中に、中継国を観光することも可能です。空港がそのような案内サービスを斡旋しているところもあり、これらを利用すれば、無駄な待ち時間で中継国も楽しめ、とても有意義な海外旅行ができると思います。中継国はどこにするか自分で決められるので、そこで目的を果たすこともできるかもしれません。海外旅行は目的地に行くということだけでなく、さまざまな困難もあるということを把握しましょう。
海外旅行を時差ボケで始めてしまっては1週間位を無駄にするので、中継国に寄ってから目的国に行くことをオススメします。

Written by yhXBeSw1