役立つ法律は身近に多く存在し日常生活を支えています

Uncategorized

法律は実は身近なものなのですが、法律の専門家だったり仕事で法律関係の業務を関わったり、という人以外は、法律という言葉を聞くと、困難なもの、遠い世界のもの、と考えがちです。普通に日常生活を過ごす中では、法律で禁止されているゆえにこれをこうしないと、という考え方で自身の行動を決めるのではなく、法律も条例もルールやマナーも全部一緒くたにして守らなければならないものという意識で守っているという人の方が多いのではないかと予想されます。

けれども実際の法律というものは、条例やマナーなどとは明らかに区別されたものとして確かに私たちの生活の中に当然の顔をして存在しており、もちろん破ってしまえば罰則もありえます。しかしそうだとしても、法律は決して怖いものではありません。

というのも、ベーシックな考え方として法律は国内の人間を保護誘導し平等に扱われる為に存在しているものだからです。法律は私たちを罰する為に存在するのではなく、私とその周りの全ての人たちの幸せを守る為にあるのです。

きちんと法律が整備された国に暮らしているありがたさというのは、身近で小さなトラブルに巻き込まれた場合に実感する事ができるでしょう。

例えば、ご近所間のトラブルなどはどれだけ気をつけていても巻き込まれてしまう可能性がありますが、それらも法律に基づいて解決することが可能です。お近くの公共図書館で身近なトラブルに役立つ、と題されているような法律の本を借りてみてください。騒音や境界線の問題、ペットにまつわるトラブルなど、専門家に相談しに行く前に、基本的な法律知識を身につける事ができ、きっと問題の解決に役立つはずです。

また、より被害が大きくなる事が想像されるような犯罪に巻き込まれた場合、あなたが被害者か加害者かに関わりなく、法律はあなたの身を守る為に役立ちます。極端な話をすれば、例えばあなたが殺人事件を起こしたとしても、被害者の遺族にその場で殺されてしまう事はなく、ちゃんと裁判にかけられあなたの罪にふさわしい刑罰を課せられる事となるのです。法律は常々あなたの近くにあって、あなたの存在と利益を守ってくれるものだという事を忘れないように生活するべきでしょう。

Written by yhXBeSw1