法律は生活していく上で守らなければならないルールです

Uncategorized

一般的に言えることは法律とは、人が共同生活をしていく上で定められたルールに他なりません。法律を設けるのは国ですが、実際に立法を行う国会議員はその国の国民の投票によって選ばれていますから我々国民が法律を作っているのです。法律は、国民すべてが遵守しなければならない規則なのです。自分には関係ないと法律に背けば当然罰則が課される可能性がありますから、全ての国民に法律を順守する義務が存在します。

全国民が法律に従わなければならないという決まりのことを、法治主義といいます。

法治主義はすべての国民が法の下の公平を保証されている為、何人であろうと法律を無視する事は不可能です。法治主義を信条にしている国の事を法治国家といい、法治国家である事は近代国家を持続させる為の重要な要件として認識されています。法治主義の下では何事も法律が優先されますから、悪法であろうと法律は法律として違反してはいけません。その代わり、正当な手続きさえ行えば法律自体の変更も出来る為、独裁や弾圧などを防ぐ事ができるようになっています。

法治主義は最初王権による支配に抵抗する為に生まれた思想ですから、法治主義の下で一般人以外による支配が行われる事はないことに決められています。しかし、現実的には法治主義を掲げながら独裁を強いている国家は多くありますし、国民にのみ法を守る事を強く要望しながら、一部の特権階級だけを特別待遇しているような事例は稀少ではありません。法治主義は優れた思想でも完璧なものではありません。指導する人間のやり方で、法律を用いて国民を縛る事も残念ながら可能です。

法律は国が決めるルールですが、法律だけでは枠組みが不十分なケースもあります。自治体によって定められるルールが条例です。条例は法律の下に存在するルールであり、自治体独自が制定する事ができますが法律に違反する条例をつくることはできません。例を挙げると、法律で殺人が禁止されているのに条例で人を殺してもOKというルールを作る事は禁止されています。

国には多くの法律が制定されていますが、年齢に制限があるものが多数です。例えば小学生や中学生が法律違反をしたとしても、年齢的に20歳未満の未成年となるので、処罰が軽くなります。

Written by yhXBeSw1